Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/153-77db8147

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Re-try to Essen(ヘンに気合いが入っている謎の東洋人なオレ)

<このレポートは語学もおぼつかないトーシロがドイツでアタフタした勘違いだらけの記録の第2章です>

いよいよ本番。別に急ぐつもりもないのだけれど、ホテルを8時すぎに出発。てことは、エッセンメッセ会場には9時前に到着。開場時刻10時だというのにね。

12110601.jpg


昨年は待ち列がすごいという話だったので早め行動をとったが、実際には特に入場制限も待ち列渋滞もなかった、少なくとも平日の初日は無理しなくても大丈夫、と理解してはいた。ただ、今回は限定数販売のゲームを買いそびれるのがイヤだったという面はあったのだけれど、それにしてもがんばりすぎ。

で、結果的にグリッドは第12会場入口のポールポジションを取ってしまいました。うーん、お恥ずかしい。


開場とともに真っ先にめざすブース、第9会場の《Fragor Games》へ向かいます。狙いは今年の新作「Spellbound」。デッキ構築型の協力ゲームという面白そうなんだけど、テキスト依存の壁はきびしい。しかし、昨年、「Poseidon's Kingdom」で瞬殺という悔しい思いをしたので、今年はがんばってみようかな。和訳もなんとかしようかな、と。

てなわけで、それはもう「買うぜ!」という気にあふれていたのですが。が、しかし。
実際にモノをみて、その熱はトーンダウンしていくのでした。いや、見るからに確かに面白そうなんですけれど。コンポーネントのフィギュア(10センチ程もある!)もムード満点に禍々しく、所有欲をくすぐるのですけれど。が、しかし。

箱がね、でかいんですよ。もう見たとき、正直ビビリました。縦横については、いわゆる30cm×30cmの定型的なサイズなのですが、厚みがですね。倍。倍以上? それってどうなん。そのサイズなら、大箱ゲーム2つ手に入れて運べるじゃん。と、思っちゃったんですよ。

という訳で購入は見送り。なんのために朝っぱら並んだんだよ、って話ですけれど。ちなみに品切れるペースは去年程ではなかったようです(でも、2日目にはプレオーダーを残すのみになっていました)。

12110602.jpg




次に向かったのは、中庭を抜けて第5会場のAEG。目的はもちろん「Love Letter」《AEG》です。限定200個というアナウンスにビビッて突貫してみました。
ベルベット調の袋が実にラクジュアリー。金色の刺繍が実にゴージャス。こちらはもちろん即断購入です。

翌日、お土産用に買い足ししてしまいましたが、そのときすでに袋ナシのカードのみ版しかありませんでした。限定って、もしかしたら袋の生産がそれだけしか間に合わなかったってことだったのかもしれません。


さらに第9会場に取って返して今度は《Funforge》の「Tokaido」を買いに行きました。その場で、デザイナーのサインを箱裏にするという企画が進行中で、ここは並ぶしかない(といっても渋滞しているわけでもなかったのですが)。じっくり描くので4人くらい並んでいるだけなのに、3、40分位かかったかなぁ。そのあいだにA.Baouza氏は、所用があってかブースを後にしてしまい、サインはもらえず。これは残念。
でも、自分がこのゲームを買いたいと思った大きな理由であるアートワークの担当Naïade氏からは、がっつりイラスト付きのサインをしてもらい、これはなんとも嬉しい。「あなたのアートワークのファンなんです」と伝えることもでき(自己)満足でいっぱいでした。


思うんですが、ゲームマーケット会場でも箱裏サインみたいな企画があってもいいかなぁ。あの人やあの人のサインがもらえたなら絶対にステキな記念になるんだけどなぁ。
でも、今の産業貿易センターはただでさえ手狭なのでそんな混乱の元になりそうなことはやはり無理があるかもしれません。

(続く)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/153-77db8147

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

鎌倉想像工房

Author:鎌倉想像工房
素人が見よう見まねでボードゲーム/カードゲーム制作を行っています。少しずつ作品を発表してまいります。

カウンタ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。