Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/51-8ad520b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Road to Essen Spiel2011(購入戦略の反省点)

<このレポートは語学もおぼつかないトーシロがドイツでアタフタした勘違いだらけの記録です>

エッセンでは財布の紐を思いきり緩めてやる!

という意気込みを持って臨んだ自分。具体的には5万円を握りしめて(あ、もちろん持ち運び的にも金額的にも比喩的表現ですよ)会場に行ったのですが、結果としてはそんなに買うことにはなりませんでした。

実際にそういう場面になってはじめて気づいたのですが「ゲームはかさばる」。普段からゲームを大量に持ち歩くことがないので(よくて大箱2つ程度)現実感がなかったのです。一応、大きめのショルダーバッグを持っていってはいたんですけど、全然足りません。これには想定外でした。自宅で試しておけばよかった。

1201.jpg


という持ち運びの問題もさることながら、そういえば飛行機は大丈夫だったっけ、ということにも気づきまして(遅いよっ!)。多分、重量制限のほうは問題ないと思うのですが(むしろヴェネツィアで購入した各種図録のほうが重い)、サイズはちょっと問題。貨物預けにすればそれなりにいけるのでしょうけれど、紙箱はコワレモノなのでできれば手荷物として持ち込みたい。

と、なんとも後手後手な状況で、勢いよく買う気力がね。

結局のところ取捨選択はどうしても必要なわけで、例えばすでに日本で扱っているゲーム(例えば「クワークル」や「ショーマネージャー」)は、かなりリーズナブルに購入することができたとしても、どうしても後回しにしてしまうことになるし、また絶対に日本に入ってくるだろうな、あるいは日本語版になりそうだなという大手メーカーのゲーム(例えば「カーサ・グランデ」もまた後回しにしてしまうことになります。

また、やはり言語の壁は思った以上に大きな課題で、ルールがよく判らないままに手を出すのはやはりかなり勇気が要ります。

とりあえずの反省点としては、つまり輸送手段の確保であり(大きくて軽いバッグを用意しろ)、情報戦であり(気になるゲームはメーカーのWEBチェックは必須)、素早い行動である(限定版はダッシュで奪取)ということですね。


<つづく>
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/51-8ad520b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

鎌倉想像工房

Author:鎌倉想像工房
素人が見よう見まねでボードゲーム/カードゲーム制作を行っています。少しずつ作品を発表してまいります。

カウンタ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。