Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/72-e44ebe74

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

デジタルゲームとアナログゲームの分水嶺(素論)

(またまた未整理のまま課題提起的に書いてみます)

日本で「ゲーム」といった場合、それはコンピュータゲーム、デジタルゲームを指します。これはあらためていうまでもないでしょう。

(最近の広告でカードゲームという記述に「ん?」と思ったら案の定、デジタルゲームでした。まあ世の中そんな感じですよね)

いちボードゲームファンとしてはいささかさびしいかぎりなのですが、それはそれとして。

ボードゲームとコンピュータゲームを対比させる話題をみるときに思うのは、デジタルゲームとはなんのか。デジタルゲームという言葉でひと括りにして語っていいのだろうか。ということです。

はたしてコンピューターゲームとはなんなのか。コンシューマもPCゲーもネットも、あるいはケータイ課金ゲームも含め、さまざまな形態があり、またシューティングからノベル系までさまざまなジャンルがあり、しかしそれを「コンピュータゲームって。。。」ひと括りにするのはやはり無理があります。

ユーザー側からみれば、単純にデジタルなプラットフォームで、デジタルなインタフェイスのゲームという意味しかないのではないでしょうか。もっと端的にまとめれば“ゲームショーに出展しているゲーム”という整理でもいいようにも思います。

しかし、システム(あるいはジャンル)としてみた場合はどうでしょう。

操作キーの入力タイミングで構築されるアクションゲームははたしてゲームなのか。時間と運によるパラメータの増減とあらかじめ定められたシナリオを再現するRPGはゲームなのか。
まあ、これらは極論ですが、いわゆるゲームとして重要視される“インタラクション性や思考性”をどこまでコミットするのか。またそれら要素をプログラミングで実現可能なのか。ということが焦点になるのだと思います。

なぜそんなことを思ったのかというと、自分は遊ぶ相手がいないときには(そしてそのような状況のほうが圧倒的に多いのですが)、iphoneアプリで楽しんでいます。エッセンの夜は「カルカソンヌ」と「ボーナンザ」が大活躍だったし、ここ最近は「チケットトゥライド」がヘビロテ中だったりします。

では、これらはボードゲーム的にいうところのゲームなのでしょうか。あるいはコンピュータゲームなのでしょうか。
もともとボードゲームだったものを移植したから、という単純な仕分けでまとめるべきではないこともまた既知でしょう。デジタルゲームから発案された“この手の”ゲームもあり、これからも増えていくことは想像に難くない。では、その違いはなんなのでしょうか。あるいは違いなどそもそもなかったのか。

このことは、プログラムの技術がより進み、AIがより深化することで、より明確になるのかもしれないし、逆に境界が曖昧になっていくのかもしれない。そんなことを思います。

自分は「ゲーム」という言葉の定義をさほどに厳密には考えてはいません。が、様々な場面でゲームを語る際に齟齬が生じない程度の定義付けはいずれしておくべきなのかなぁと思っているところです。

とりあえず、今いえることは、コンピュータゲーム、デジタルゲームというジャンルを、安易にひと括りに捉えるのには無理がある。ということです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/72-e44ebe74

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

鎌倉想像工房

Author:鎌倉想像工房
素人が見よう見まねでボードゲーム/カードゲーム制作を行っています。少しずつ作品を発表してまいります。

カウンタ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。