Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/78-0ec45537

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コミケに行ったこと

年の瀬も押し迫った12月29日。コミケに行ってきました。コミケは本当に久しぶりです。思えばもう10年以上も前のことになるでしょうか(そのときはコピーの同人誌(活字系)でサークル参加でした)。今回は非電源系ゲームのサークルをみようという目的だったわけですが、当時はそういうジャンルはなかった(?)し、自分の興味の対象も違っていたので、とても新鮮でした。

感想は「あれ、こんなにはやく撤収しちゃうんだ」。自分が会場についたのは13時頃だったのですが、すでにいくつかのブースは空になっていて(あるいはもともと“オチて”いただけなのかもしれませんが)、当日の他のジャンルはそれなりにワーキャーしていたのに比べて、ジャンルの傾向ってあるもんだなぁ、と思いました。

ブースに出ているものもみるとゲームそのものよりも冊子系が多いかな。まあコミケだからねぇ。そいういうゲームマーケットとの違いというはやっぱり感じましたし。コミケにはコミケのカラーがあるというところでしょう。
(といいつつ、長机2分の1のスペースでで試遊する強者サークルもあって、おぉ、がんばるなぁ、と)

そんなわけで、主目的はさくっと見終わってしまったので、そのあとは企業ブースをひやかして、人の多さに圧倒されたりして、帰ってきました。

今年の自分のテーマのひとつに「メッセのありかたについて」というのがあって、コミケに行ってみようと思ったのは、そういう視点での確認の意味もあったのです。
コミケはやはりサブカルチャーにおける日本の(あるいは世界のといってもいい)一大代見本市といっていいでしょう。しかし同人誌即売という成り立ちから、見本市であると同時に、というよりも根幹にある共通意識として「ファン同士のおまつり」であることがアイデンティティとして存在している。だからショーケース的な集積は需要供給ともにWIN×2ではありますが、それはやはり付随的要素なのだと、あらためて思いました。

というわけで、コミケというシステムは、見本市としてのモデルケースとして考察するにはちょっと特異なのかもしれないです。というわけで来年は、また別の見本市にいってみよう(多分、幕張に。遠いなぁ。。。)と思っている次第です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/78-0ec45537

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

Author:鎌倉想像工房
素人が見よう見まねでボードゲーム/カードゲーム制作を行っています。少しずつ作品を発表してまいります。

カウンタ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。