Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/90-71109cd1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

なぜ同人ボードゲーム創作を行うのか(自分の場合)

なぜ自分は同人活動を行うのでしょうか。


そこに(自分の中に)表現したいことがあるから。


と云うとかっこつけているみたいですが、意外とそれが答えなんじゃないかなぁと思っています。

表現したいことがあって、その手段として同人活動がある。だから表現できる場が別にあるならば、同人でやる必要はない。商業ベースでやっても問題ないわけです。

(同人と商業の違いとはなんぞや、ということもあるのですが、ややこしくなるのでとりあえず今回はなんとなく悟っていただきたい。あと、なんか上から目線的になっちゃいましたが、すみません。そんな意図は毛頭ありません、ホント)

もちろん、現実にはいろいろと余条件がつきまくりでそんな単純な問題ではないのですが、思想的には、やはり「『つくりたい』ができること」が一番重要なポイントだと思っています。


えー、と。

これは自分がその昔同人誌をやっていたときから(べ、別に黒歴史じゃないから)そのスタンスは変わっていません。創作から発表までの道すじがシンプル(コピーにせよオフセにせよ)であり、まがりなりにも発表できる場(コミケとか)があるなら、その簡便性にのっていきますよねぇ。
当時において自分に才能と覚悟がないのは判っていたので商業誌を意識することは皆無でしたが、もし仮にまかり間違って書く機会があれば書いていたかなぁ。だって作品が届く規模が全然違いますもんね。


で。 今、ボードゲーム創作において同じようなことを繰り返しているわけです。

結局のところ、創作に対するスタンスは同じです。

オレが思いついたアイディアをみてくれよ、と。
オレが思いついたゲームで楽しんでみてよ、と。

そんなシンプルな発想でつくっています。だから、自分の活動が同人なのかどうか、ということは本質的には考えていません。結果としてそうみられることについても特段に意識はしていません。

意識しているのは、むしろ、できたものをどう届けるか、ということです。
作品はつくってそこで満足。というわけではもちろんありません。(これはゲームに限らず、すべての表現作品にいえると思うのですが)だれかに遊んでもらうことではじめて表現活動は完了する。だから頒布の市場も存在している。

また、誰かに遊んでもらいたいがために、だからといって自腹を切ってまでやるというのは違うかな、とも思っています。もちろん、自腹を切ってでも提供していきたいというのもひとつの判断なのですが、自分はそれはしたくないな、と。それをしちゃうと資力的にも精神力的にも続かなくなてしまいそうな気がするので。


これは自分の本業にも関係しているのですが、創作者が自分の作品(と創作活動それ自体に)にどれだけの価値があるのかを判りやすくあらわす指標は、やはり「お金」なのです。
例えば、アクセサリーを趣味で作っている人が、自分の作品を買って喜んでいる姿をみて、自分も嬉しくなり、次への励みとなっていく。そういうポジティブなスパイラル構造が、クリエイター育成に結びついていく。


というわけで、きちんとした対価としてみえることもまた、重要である。だからこそ、自分は収支は合わせていきたいですし、合わせられるように考えてつくっているつもりです。
(ただし。自分はゲームを買うときわりと糸目をつけずに購入するきらいがあるので、現在のリアルな相場を理解していないかもしれなのが実は怖いところです)

製造数、価格、販路、PR。

いろいろな要素が加味されて、自分の身の丈にあった発表手段をとる。それが商業ベースなのか、自費製作なのかは、(まあ、自分がそれを決められるものではないよ、という大前提があるだけれど)さほどに最重要課題ではないし、こだわっているわけではない。というのが自分の現在の気持ち、ですかねぇ。


まだ自分の中でもきっちりとした理論構築ができていない中、さしあたって思っていることをとりとめもなく書いてみました。
しかし毎回同じ言訳をつけちゃいますけれど、まだひとつも作品を完成させていない身分で何言ってんだコイツ状態なんですよねぇ。
退路を断つ感じですよ、いつも。


※ 実はあえてふれなかったんですが、同人活動にも2パターンあって、ひとつはファン活動としての二次創作、もうひとつは創作するための創作。それぞれつくることに対するモチベーショんもメソッドも違うので(優劣ではないです。念のため)、そこらへんのところはきちんと区別して考えたほうがいいと思っています。ちなみに今回は、もういっぽうのほうについてのお話ですね。

※ 書いていて思ったのですが、「同人」といってしまうから曖昧になってしまっているのではないでしょうか。むしろ、自費製作による作品という言葉のほうが本質を捉えている気がします。「同人ゲーム」ではなく「自費製作ゲーム」。これだ。なんか語呂が悪いけれど。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/90-71109cd1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

鎌倉想像工房

Author:鎌倉想像工房
素人が見よう見まねでボードゲーム/カードゲーム制作を行っています。少しずつ作品を発表してまいります。

カウンタ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。