Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/92-e50dc62c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

横浜ボードゲーム会 Vol.88に参加しました。

「スクイント」

図工系ゲームとして以前から気になっていたゲームでした。が、想像していたのと全然違ってた。もっとカッチリした感じかと思っていたのですが、もうなんというか、ゆるゆる。
なんとなく、一定の枚数制限の中、いかにお題に近い絵を組み立てるのかを競うゲームなのかしらんと思っていたのですが、まったく逆でとにかくお題を表現して当ててもらうというすごくシンプルかつちょっとおバカなゲームでした。
キモになるのは表現する線画に限りがあるので表現にもどかしさがある点でしょうか。

わーきゃーいいながら気軽に楽しめるパーティゲームでした。


「お邪魔もの」

たぶん、4、5年前くらいに遊んで以来だったと思うのですが、今回久々にやってみて、プレイ感が当時の記憶と違っていたのが面白かったです。まあ今回のプレイ人数が7名ということで山札がサクサクなくなっていくスピーディな展開だったというのが一番の理由なのですが。


「お邪魔もの2」

で、実はお邪魔ものを遊んだのは2をやる前のルール把握のためでした。

2が組み合わさると、全然違うゲームになってましたねぇ。捨札による妨害カードの回避が力技でできるようになったり、敵味方がきっちり二分じゃなくいろいろな要素が入っていかに出し抜くかを考えることが重要になったり。選択肢の幅が広がったことと、手も足も出なくなる要素が減って、プレイアビリティが高まった気がします。もっとも運の要素も強くなっていますが、そもそもガチゲーじゃないしね。

こういう水道管系のゲームも最近なかった(?)し、なんか新鮮でした。


「タンバ」

パーツを積み上げて、崩した人が負け。という、よくあるゲームではあるのですが、5色に塗り分けされた木製のチップが美しく、高く伸びていく様は(美術用語の)アブストラクト的な作品としてさらに美しい。ある意味、インスタレーション作品でもあるわけですね。

こういう見た目の美しさで訴えてくるゲームっていいですよね、大好きです。


「いいセンいきましょー」

全体ゲーム。約30人がいっせいに遊ぶのは爽快でもありますね。あと、場の空気で、5しばりになっていったのが面白かったですね。こうやって相場観が決まっていくのかぁ。


「クリーチャーズ」

ヘタウマ系イラストに惹かれて購入しました。

一応、ルールブックも何回か読んでおいてはいたものの、致命的な説明ミスを3か所もしてしまいました。それが理由なのかどうかは判りませんが、60分超のプレイ時間で後半グダグダ。一緒に遊んでいただいた方々にはたいへん申し訳ないことをしてしまいました。

思うに、勝利条件が高すぎていて、実際にはチャンピオンクリーチャーはルール記載からマイナス1でいいように思います(6人なら2で勝ち、のように)。
あと、挑戦者が負けたら隣のプレイヤーに手番が移るのではなく、防衛したクリーチャーが自動的に挑戦者になるってのでもいいかな、と思いましたが、たぶんそれはデザイナーも考慮しているだろうし、なんか採用しなかった理由があるのかもしれませんね。

思った以上に捨札が回転するので、前にみたクリーチャーが何度も登場することになるので、カード枚数はこの倍くらいあってもいいかなぁ、とも思いました。


「リサイクル?」

やっぱり面白いリサイクルですが、前半にまんまと高得点ゴミ箱を獲得したものの、カード補充がぜんぜん行われず出せるカードが尽きてしまい地蔵状態に。こうなるともう手も足もでません。
結局最後の2枚が補充カードだったというなんとも番狂わせな状況で、終わってみれば下位に甘んじてしまいました。


「暗黒の金曜日」

コンポーネントがごっちゃりした重ゲーという印象から、どうしてもこれまで敬遠していたのですが、この機会にというわけで遊んでみました。全体で60分くらいで終わり、思ったよりもプレイ感覚は軽かったかなぁ。

さて、このゲームの基本は、株を安く買って高く売る。その益で金銀を買う。というシンプルなもの。変数要素としてはランダムに登場する株価暴落で、これを避ければあとは概ね自分の思惑通りに動けるので、ルールを理解すればかなり手際よくゲームが進行します。
自分は株ゲームの基本である安く買って高く売るに忠実にプレイし、最安株を集中的に購入。中盤まで全然値動きせず、ちょっと焦ったもののジリジリと値を上げ、そこそこの値になっていきます。その売却益でまんまと大金をゲット。結果、一位でゲーム終了となりました。株式操作系は得意なジャンルみたいです、自分。

ちょっと株の値動きのシステムがややこしいのですが、それ以外はかなりシンプル。株価の暴落の要素はあるものの買値より売値が低くなることはあまりないため、前半でどれだけ多くの株を手に入れておいて、後半は売りに徹するゲームなのかなと思いました。


「熟語カード」(のオリジナルゲーム)

熟語カード2組を使ってのオリジナルルールのゲームを軽く遊びました。

熟語、ではあるのですが、知識ゲームではないというところが実にいいですね。日本語の熟語という概念に関する共通認識というかミームというかコモンセンスというか、そういう下地は必要なのですが、そこらへんはたぶん日本に暮していればほぼ全員が共有しているはずのものなので、全然問題なし。

ひたすら知識に走ってもいいし、受けねらいにしてもよし、というなんとも融通のきくゲームで楽しかったです。こういうわーきゃーできるパーティゲームってやっぱりいいなぁ。



今回もゲームを堪能しました。ご一緒いただいたプレイメイトの皆さまに感謝。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/92-e50dc62c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

鎌倉想像工房

Author:鎌倉想像工房
素人が見よう見まねでボードゲーム/カードゲーム制作を行っています。少しずつ作品を発表してまいります。

カウンタ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。