Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/97-8c99c415

トラックバック

コメント

[C14]

お疲れ様でしたー。また来てくださいねー。
  • 2012-03-08 20:20
  • たなやん
  • URL
  • 編集

[C15] ありがとうございました

さしあたって、浅草でお会いしましょう、ですね? ありがとうございました。
  • 2012-03-08 20:25
  • 十式(管理人)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「ゲームマーケット2012大阪」簡単レポート

【第1章 一日の様子】

初の大阪開催となるゲームマーケット、これはもちろん行かずばなるまい。というわけで、前日からの前のりで参加しました。いや、金曜夜の深夜バスで行ったので賞味2泊2日ですかね。いやぁ、きつかった(以下、「どうでしょう」好きとして云い尽されたネタなので省略しますが。でも、だって眠れないんだよ、バス!)

で。土曜日早朝、なんば駅にたどり着いた後は寺社仏閣やら美術館やらと大阪市内各所を観光してまわり、そこそこに旅行気分を堪能。夜は高天原さんのところの前夜祭に混ぜていただき関西周辺のゲーム事情などをお聞きしたりと、気分は盛り上がっていくのでした。


さて、いよいよ当日。

会場の大阪マーチャンダイズ・マートには開場30分前に到着しました。ごったがえしているかな? と、ちらっと思ったのですがそんなことはなく、ちらりほらりと断続的にそれらしき人がビルに吸い込まれていく程度という風景で、出足が遅いのかなー、まさか閑古鳥ってことはないだろうけれどなー。なんて思いつつ2階へと進みます。

するってーと、あら、びっくり。すでに待ち列ができていました(実はツイッターで列ができはじめていたことは知っていたのですが)。
会場入口で入場パス代わりのカタログを買い、別に用意された待機用の部屋に移動します。自分が行ったときには、指示案内も割とスムーズで、あたふた感は感じません。正直なところ、カタログは入場時に購入することになるのかなぁとちょっと恐れていたので(混乱の元ですからね)この対処はよかったです。もっとも事前購入できるならそれにこしたこともないのかもしれませんが。

自分が並んだときは概ね200人強の人が列を作っていましたが、10分もしないうちに自分の後ろに100人くらい列が伸びていきます。あっという間に膨れ上がった人いきれで室内はムシッとなってきており、うーん、早く開場してぇ。と思ったりしたのですが、これはただの我がままかな。


そんなこんなで開場です。騒然となることもなく会場へと誘導案内されます。
見通しのよい場内を見渡すと、老若男女織り交ぜてけっこうみっちりとした人の数。開場直後なので5、600人くらいかなぁ。目測ですが。混み具合に濃淡はあれど、けっこう身動きとりづらいなぁといった感じでした。
もちろん、角地等いくつかピンポイントで人の少ない空間も自然発生的に(?)できていて、そこで一息をつきながらみてまわるという段取りとなりました。


ひととおりブースをみてまわり、いくつかゲームを手に入れ、といった回遊を繰り広げていきます。開場早々に、早くもSOLDOUTを掲げ出したブースも見受けられ、制作個数の関係か、高人気の結果なのかはわかりませんが、ともあれ盛況なのはいいことです。もっとも、自分もひとつ品切れをくらってしまいちょっと悔しかったですけれど。

そうこうしているうちに早1時間。来場者は依然衰えず。
ふと窓をみると、大きな窓が真っ白に結露していて、場内の(比喩じゃない)熱気を感じずにはいられません。ちなみに天気予報では午後過ぎから雨だったのですが、すでに午前中から降りはじめていていました。まあ、げんなりな状況だったのですが、さすがは築浅コンベンション施設。空調ばっちりで、室内自体は快適でした(暑かったけど)。


いくつかの試遊なども挿みつつ、あっという間に昼時です。混む前に行っとくか、てなわけでいったん会場を後にします。大阪だったら粉もんでしょ、ということでお好み焼き屋へ。つい「大」を頼んでしまい、その量に負けかけました。ビールを頼まなくてよかった。


後半戦。午前中にあらかたブースはみたので、見落としや確認、そしてもちろん試遊にまわります。回転率やタイミングの関係で、あまりあれこれとできなかったのは残念でしたが、それもまた縁ですかね。


実は、前日から両足ともに靴擦れ(?)で足裏に水ぶくれができており、歩くのが非常に億劫になっておりまして。そうなるとアグレッシブにみてまわるぜ、といった気持ちは萎え気味にならざるを得ず。本当に元気って大事です。
一日中、足裏をかばってヘンな歩き方をしていたせいで、普段使わない筋肉を使ったためか、後日筋肉痛になってしまいました。とほほのほ。


というわけで、結局午後2時、早めに自分のゲームマーケットは終了。新幹線にて帰宅と相成った次第です。



【第2章 反省点とかいろいろ】

今回購入したブツは「トロルマスター」「エセ芸術家ニューヨークへ行く」「セカイタク」「ランカ(小)」、あといくつかの冊子モノ。総じてみると、なんか「2011秋」に買い損ねたゲームを補完するみたいな形になってしまいました。
理由はいろいろあるのですけれど、やはりかさばる大箱などを抱えて長旅することを考えるとどうしても躊躇が生まれてしまったのかなぁ。特に雨の日だったしね。
見かたを変えると、これまで浅草開催に参加していた遠距離組の方々は、そんな気持ちでいたんだろうなぁ、と。今回はじめてそれを実感しました。とりあえずは、東京近辺に住んでいることをもっと感謝しないといけないなぁと思いました(ま、宅配しちゃえばいいじゃん、っちゅー割り切りができれば大した問題でもないんでしょうけれど)。


ひとしきり買うものかってしまった。各ブースの試遊卓もなかなか潜りこめない。いや、それ以前に買ったゲームを早く遊んでみたい。っていう人からフリープレイ卓があったらよかったのに、という声をきいたりしました。
今回、自分はぼっちのソロ活動だったので、フリー卓のことはあまり意識していなかったのですが。そういえば前回の浅草では友人たちとフリー卓でさっそく遊んだりしているので、ニーズはあるんですよね、やはり。で、会場外にプレイしに行くイコール会場から去る。ってのはゲームの祭典として一日堪能できる場であって欲しいという想いとは相反するな、とも思うわけです。てことは、やはりフリー卓は必要なのかぁ。
開場前の待機用の部屋を使用すればできたのかな、と思ったのですが、その分利用料金もかかるので痛し痒しですかね。自分はその分を入場料に添加してもいいんじゃないの、という考えですが(一律にすれば多分100円程度だから)、人によって考え方も違うだろうし、そこらへんは難しいですね。


あと、これは本当に自分自身の反省。知り合いのブースで、ちきんとご挨拶をしなかったのは、人としてダメだと思いました。
高天原さんをはじめ前夜祭でお会いした皆さんとか、以前テストプレイでお世話になった倦怠期さんのところとか、とかとか、もうお声もかけずに本当に申し訳ないかぎりです。なんか接遇中だったりすると、声をかけると迷惑になりそうだしなぁ、と思っちゃって、気後れしちゃうんですよねぇ(いい大人がなに云ってるんだという話ですが)。言い訳がましいですよね。こればっかりはもう本当にすみません。



【終章 まとめ】

てなわけで、初の大阪開催、自分としてはかなり楽しめました。参加者1500人ってやはりすごいです。感想レポートもいろいろ出てきていまして「え、そんなゲームあったの!? しくじったぁ」みたいな気持ちもあって、気分はもう次のことを考えている日々です。

次は、5月浅草。残すところ2ヶ月です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamakuragame.blog39.fc2.com/tb.php/97-8c99c415

トラックバック

コメント

[C14]

お疲れ様でしたー。また来てくださいねー。
  • 2012-03-08 20:20
  • たなやん
  • URL
  • 編集

[C15] ありがとうございました

さしあたって、浅草でお会いしましょう、ですね? ありがとうございました。
  • 2012-03-08 20:25
  • 十式(管理人)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

鎌倉想像工房

Author:鎌倉想像工房
素人が見よう見まねでボードゲーム/カードゲーム制作を行っています。少しずつ作品を発表してまいります。

カウンタ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。